動画公開中!【出演報告】アジアで学ぶ英国式最先端教育~いま注目のエプソムカレッジ・マレーシア完全分析

ブログ

2024年2月7日、インターナショナルスクールタイムズ主催のウェビナーに登壇しました。

イベントの名前は、『アジアで学ぶ英国式最先端教育~いま注目のエプソムカレッジ・マレーシア完全分析』です。

マレーシアにあるエプソム・カレッジ・イン・マレーシアの校長先生と、朝日放送グループホールディングス社ビジネスプロデュース部の都留さん、そして私の組み合わせ。

約1時間のウェビナーでした。

このたび、YouTubeで動画が配信されましたので、ご案内します。

しかも2パターン!

原語(英語)バージョンと、同時通訳(日本語)バージョンがあります。

お好きな方でご視聴ください。

インターナショナルスクールタイムズHPの記事から拝借

「アジアで学ぶ英国式最先端教育」動画の目次

まずは目次をご覧ください。

おおまかに3つのパートで構成されています。

1つ目は、エプソム・カレッジ・イン・マレーシアの校長先生による学校紹介。

2つ目は、私の「海外教育のよくある質問」をテーマにしたプレゼンテーション。

そして3つ目は、パネルディスカッション兼Q&Aです。

YouTube動画を開くと、概要欄には丁寧な目次が載っていて、動画自体もチャプター分けがされているので聞きたい箇所にすぐに飛ぶことができます。

目次

かなり盛りだくさんの内容となっております。

イントロダクションと登壇者紹介

0:00 はじめに
3:24 朝日放送ホールディングスから挨拶
3:49 登壇者紹介|エプソムカレッジマレーシア校長 マシュー・ブラウン
5:11 校長からの挨拶
5:40 登壇者紹介|萩原麻友氏
5:55 萩原氏からの挨拶

エプソム・カレッジ・イン・マレーシアの校長先生による学校紹介

6:57 セッション①
7:42 マシュー・ブラウン校長のセッション
8:22 エプソムカレッジ イギリス校
8:59 エプソムカレッジ マレーシア校
9:58 働く教員
10:58 クラスの人数、教員との比率
11:08 全寮制(フルボーディング)
12:14 多国籍な生徒
12:00 通学・スクールバス
13:35 週末帰宅型(ウィークリーボーディング)
13:55 奨学金
14:58 学業成績
15:55 エプソムの卒業生・進学先
17:14 スポーツアカデミー
17:53 スポーツアカデミー|テニス
18:29 スポーツアカデミー|ゴルフ
19:20 スポーツアカデミー|サッカー
19:46 ブリティッシュサマースクール(サマーキャンプ)
20:35 まとめ

萩原(私)によるプレゼン「海外教育のよくある質問」

21:05 司会進行
21:45 萩原氏の紹介
23:03 萩原氏自己紹介
25:03 海外教育のよくある質問
25:19 海外の教育ってなにがいいの?
26:36 海外の教育ってどこで受けられるの?
27:20 海外教育ってどうやって調べるの?
29:21 海外教育ってどうやって選ぶの?
30:19 どうやって子どもをその気にさせるの?
32:57 結局何がベストなの?
34:15 まとめ

パネルディスカッション

前半は、モデレーターの朝日放送グループホールディングス社の都留さんからの質問にマシュー先生と私が回答していました。

後半は、たくさん寄せられた視聴者さんのご質問に答えていました。

エプソム校への質問が多く、関心の高さが伺えます。

36:29 セッション②|質疑応答
37:38 シーズンキャンプについての質問
40:00 マレーシアと欧米のインターナショナルスクールの違いとは?
45:37 エプソムが求める人物像とは?
46:32 英語へのサポートはあるのか?
48:50 マレーシアの治安、学校のセキュリティについて
50:15 学校行事への参加
51:27 萩原氏からマシュー校長への質問|文化教育について
54:03 イギリスではなくアジアの全寮校に入学するメリットは?
55:58 卒業後のキャリアパスについて
57:28 インターナショナルスクールが子供達に与える影響とは?

クロージング

1:03:05 締めの挨拶
1:03:49 エプソム 東京、大阪学校説明会について

「アジアで学ぶ英国式最先端教育」アーカイブ動画

日本語版(同時通訳)

同時通訳で聞ける日本語のプレゼンテーションです。

英語版

こちらは英語版です。

雑感

私の記憶の限り英語での登壇は初めてでしたが、

やってみると意外といけるもんだなと(個人的には)妙な手応えを感じています。

オンラインだったのもよかったのかもしれません。

一点やらかしたのは、

実は自分のプレゼンに入る直前に「実は英語でのプレゼンを想定されていた」ということが発覚しまして、まったくノーマークだったので慌てました。

結果的に私のパートは日本語でさせてもらったので、マシュー先生は蚊帳の外だったかもしれませんが、視聴者の皆さんに通訳なしで届いたのであれば結果オーライと思うようにします。

プレゼンの内容は既存のものを使う予定でしたが、

事前の登録者属性を確認するとボーディング目的の方よりも通学目的の方が多そうだったので、

直前でスライドを全部入れ替えたんですよね。日本語でやるつもりで。

そういうこともあり、いきなり英語でやろうとするのは博打だったので、日本語でさせていただけてよかったです。

マシュー先生も大変気さくでユーモアがある方でしたし、都留さんのベテラン感もあり、大船に乗った気持ちで参加させていただきました。

レパートリーが広がったと思えるイベントでした。

今後のイベントや更新情報を追いかける一番いい方法

ニュースレターに登録していただくと、今後の萩原の活動や更新情報がメールで直接届くようになります。

教育や子育てに関する旬な情報をセレクトしています。

>>ニュースレターのサンプルはこちらで読めます。

ABOUT this blog

このサイトでは、著者(はぎわら まゆ)の実践と経験に基づいて厳選された教育・子育て情報を私見とともにご紹介しています。

①まずは知りたい著者のプロフィールとブログのスタンス

②つぎに読みたい厳選おすすめ記事10選

新着記事をお知らせするニュースレターに登録

④テーマ別記事👇

注目 著者のインターナショナルスクール時代(1994-2001)の振り返りを中心に、最近のインターナショナルスクールについて調べたことや考えたことを書いています。

注目 著者のボーディングスクール時代(2001-2005)の振り返りを中心に、最近のボーディングスクールについて調べたことや考えたことを書いています。

注目 日本の公立小も、国内インターも、海外ボーディングもすべて体験した著者が行き着いた現在進行形の子育て、家庭教育、英語教育など

⑤フォローするなら👇

ご案内 新着記事をお知らせするニュースレターに登録

タイトルとURLをコピーしました