外貨で稼いでそのまま貯金していてよかった話

ライフ&ワーク

しっかし、ドルが高い(円が安い)。

現在の1ドルは130円前後。

去年アメリカ出張をしたときは113~4円でした。

私計算苦手なので間違っていたら遠慮なく教えてほしいのですが、

ドルの価格が対円で約15%アップだと考えると、無条件でモノの値段が15%アップですよね。

実際に両替するとなると手数料が乗ってもっと高いのか。

しかもアメリカの物価、ただでさえ特に都市部ではめちゃ上がっている印象で、東京丸の内だと1500円くらいのランチが、ロスとかだと$40はくだらないと感じました。

個人的にはアメリカ都市部の「割高感」はコロナ前よりも激しくなっている感じがしています。

それって逆を取ると、つまり日本の「割安感」が高まっているということ。

ますます海外で稼いで日本に住むのがお得だなと感じる日々です。

幸い、私のお客さんはあまり国境関係ないので、外貨でお支払いいただけるときはそのようにしてもらっています。

そして出張時は、そちらから優先的に使うようにしています。

その際活用しているのが、外貨でお金を置いておけるマルチカレンシー口座のWiseです。

Wiseは「銀行」というよりも「電子マネー」に近い感覚。しかもちゃんと銀行や個人への送金もできます。

そして一般的な銀行の外国送金よりも送金手数料が圧倒的に安いです。

Wiseでは、デビットカードを発行することができます。Wise内のお金を使いたいときは、出張時にピッと支払ったり、スワイプしたり、海外ATMなどで引き出したりもできます。

一方で円払いのクレジットカードだと、そのときの為替レートによって最終の支払い金額が上下します。今のような円安相場は不利ですね。

でもWiseのデビットカードだと、ドルが安いときに換金して置いておけます。

Wiseはドル以外の主要国の通貨にも対応しています。ただ手数料とかは通貨ごとに違うのでそこはよく確認してください。

外貨で稼げる人は、それぞれの通貨の口座を持たなくてもWise内にそれぞれの通貨として置いておいて、レートがいいときに円に両替するか、そのまま現地通貨払いのときに使う。

値上げが続いている日本も、まだまだ海外よりは「割安感」が強いです。今の局面は、外貨で稼いで円で払う。できるならそれがいい。

ちなみに紹介で登録すると75,000円までの初回送金の手数料が無料になります。

もしお近くにいなければ、こちらお使いください↓

You’ve been invited to Wise – Join and get a discount.
Banks sting you with hidden charges when you send or spend money internationally. But that’s yesterday’s problem. Say hello to Wise – the clever new way to move...

これから海外に行く人だけでなく、海外とお金のやりとりがある方におすすめです。

私が留学していたときも、こんなサービスほしかった。

新しいサービスはこうしていつも出てきているので、情報収集は辞められません。(Wise自体は2011年設立なので、別に新しいわけではない)

▼2022年9月から値上げします▼

ABOUT this blog

このサイトでは、著者(はぎわら まゆ)の実践と経験に基づいて厳選された教育・子育て情報を私見とともにご紹介しています。

①まずは知りたい著者のプロフィールとブログのスタンス

②つぎに読みたい厳選おすすめ記事10選

新着記事をお知らせするニュースレターに登録

④テーマ別記事👇

注目 著者のインターナショナルスクール時代(1994-2001)の振り返りを中心に、最近のインターナショナルスクールについて調べたことや考えたことを書いています。

注目 著者のボーディングスクール時代(2001-2005)の振り返りを中心に、最近のボーディングスクールについて調べたことや考えたことを書いています。

注目 日本の公立小も、国内インターも、海外ボーディングもすべて体験した著者が行き着いた現在進行形の子育て、家庭教育、英語教育など

⑤フォローするなら👇

ご案内 提供中のサービスとSNSの一覧

タイトルとURLをコピーしました