🏫学校紹介[イギリスの寮がある学校 Westbourne House School]

#まゆ潜入レポ

萩原麻友(ハギワラマユ)のブログへのご訪問ありがとうございます。

このブログでは、子育てや教育や進路に関する情報を発信しています。

今回は、2023年6月の海外学校訪問で訪れた学校をご紹介します。

この記事で紹介するのはこんな学校
  • 7歳から入寮できる、2歳半から13歳までの共学校
  • ゴルフコース(9ホール)も湖もある、充実したスポーツ環境
  • 学業もアートもスポーツも非認知能力も。全方位に目配りが利く教育

前半は主に公式HPからの情報で、後半の限定公開(有料部分)では私が撮ってきた写真を載せています。

注意

この記事に書いてあることは当時の(書いた時点の)情報ですし、私の主観も混じっています。
なかにはケースバイケースのこともありますし、古くなっている情報もあります。
入学・転校・進学するときはどんな情報も鵜呑みにせずにきちんと自分のケースに即しながら幅広く調べましょう。

基本情報

学校名:Westbourne House School ウェストボーン・ハウス・スクール

所在地:https://goo.gl/maps/3s7ccKKNqM63rgV26
南イングランドのウェスト・サセックス州。ロンドンからは最寄りのチチェスターまで電車で1時間半ほど。

HP:https://www.westbournehouse.org/

学年:2歳半~13歳
①Nurseryー2歳半-4歳
②Pre-Prepー4-7歳
③Prepー7-13歳

入寮できる最小学年:7歳(Year3;小2の年齢)

創立年:1907

性別:共学

敷地面積:100エーカー(東京ディズニーランドの約8割くらい)

服装規定:制服あり

キャンパスツアー動画:

Pupils show you around Westbourne House School from Westbourne House School on Vimeo.

敷地内に林や湖があり、野外での教育活動も活発。

生徒情報

全校生徒数:400名

寮生の割合:全校生徒の約30%(週1~5のパートタイム寮生も含む)

留学生:約15名

今回訪れた学校のなかでは学年数の割には小~中規模の学校です。

2023年度の費用

費用体系・内訳:https://www.westbournehouse.org/admissions/fees

初等部(③)年間授業料(寄宿費込み):£31,896

※上記に楽器のプライベートレッスンや、語学補習などのオプション料金が加算されます。

学業について

ここでいう”学業”には、アカデミック、スポーツ、アート、その他の学内活動すべてを含めています。


年間予定表:https://www.westbournehouse.org/school-calendar

年度始まり:9月頭

ESL(英語補講):あり

アカデミックサポート:あり

進学実績:https://www.westbournehouse.org/our-school/future-schools-and-scholarships
※今回訪れたBedales Schoolの他、日本に分校もあるHarrow Schoolや、ウィリアム王子の出身校Eton Collegeにも輩出している

科目一覧:https://www.westbournehouse.org/our-approach/curriculum

科目の特徴:少人数制のクラスで、専門教師が各科目を教える。各子供を個別の個人として支援し、知的・芸術的・身体的な表現の自由を与え、進歩や学校、コミュニティ、広い世界への貢献につなげる。

アートの特徴:演劇活動が活発で、平等に役が割り振られる3・4・5・7年生の作品と、オーディンション形式の6・8年生のミュージカルがあります。舞台裏の役割もあります。美術も音楽活動も盛ん。

スポーツの特徴:設備は運動場、400mの芝生の陸上競技トラック、夏期には9つのテニスコートに変換可能な人工芝運動場、屋外のハードテニスコート3面、屋外のネットボールコート5面、ガラス張りのスカッシュコート2面、25メートルの屋内プール、9ホールのパー3ゴルフコース、多目的スポーツホール、屋内および屋外のクリケットネット、ダンススタジオなど、かなり豊富。敷地内にある湖でのカヤックとカヌー、クライミングウォールもある。

クラブ活動一覧:https://www.westbournehouse.org/parents/daily-life/after-school-clubs

選択制の放課後活動では、カヌー、水泳、サッカー、テニス、チェス、フェンシング、体操、柔道、建築、バスケットボールなどのアクティビティや、パブリック・スピーキングやディベートなど、人前に立つ機会も多く用意。

生活情報

生徒にとって第二の家となるボーディングスクール。
学業と生活の2つについて知れば、もう学校の8割をカバーしたようなものです。


寮

学年と男女別に7つのハウスに分けられます。

夜は通常、アクティビティ、ディナー、読書時間など。 BBQや、映画鑑賞、プールを楽しむこともあります。 平日でもまれに寮の先生がたに連れられてボウリング、映画、トランポリン、ビーチなどに出かけることもあります。

土曜日は通常、午前中に試合があり、午後には土曜日の充実した活動が行われます。活動は学期ごとに異なり、ドラマ、アート、陶芸、スポーツ、ゴルフ、フライフィッシングなどが含まれています。 日曜日は、ゆっくりと朝を迎え、その後は友達や寮の保護者やスタッフと一緒に外出します。

タイトルとURLをコピーしました