「8つの知能」で子どもを理解する試み

ペアレンティング
スポンサーリンク

以前、「子どもの特性」を把握するといいことがある、という主旨の記事を書きました。

その記事では、子どもの特性、つまり「無意識に発揮される頭・心・体のクセ」を見つけていきましょうという話をしました。

でも抽象的な話にとどまったので、結局どう活用していいかわからないかもしれません。

参考になる考え方の例も挙げましたが、そのなかでも一番応用が効くというか、子どもに対して使い勝手が良いというか、単に私がおすすめしやすい理論を改めてご紹介します。

「特性」のおさらい

詳しくは記事を読んでいただければいいのですが、当記事を読むにあたって前提知識として必要な部分を抜粋します。

まず、私が一連の記事で掲げている「特性」とはこういうものです。

特性とは

無意識に発揮される頭・心・体のクセ
・本人も親も気づかないことがある
・ポジティブもネガティブもない

この名称は専門的でも研究にもとづいたものでもなく、私がこのサイト上でこう呼ぶことにしているだけのものです。

そして、私は子どもの「特性」を知ることでこのようなメリットがあるとしています。

子どもの「特性」を知るメリット
  • 親子間の信頼感を養う
  • 子どもについての理解が深まる
  • 外野の情報に流されにくくなる
  • 子どもの自己理解を支援できる
  • 特性を発揮できると満たされる
  • 特性を発揮できると充実を感じる
  • 子どもは大事にされていると感じる
  • 不可解だった子どもの言動を理解できる
  • 大人自身の特性探しや自己理解にも役立つ
  • 子どもの個性を認めて尊重することにつながる

こうしたメリットがあることから、私は普段から子どもの「特性」を一つでも多く知りたいと観察を続けています。

でも私一人での観察には限界があります。どうしても自分の経験や価値観に引っ張られて、子どもの特性を誤認してしまう可能性があるからです。

誤認の程度と可能性を少しでも薄めるためには、子どもを取り巻く他の大人(配偶者、親戚、先生、近所、友人など)の意見を聞いたり、人を理解するための既存の「考え方」を活用することをおすすめしています。

今回ご紹介するのは、国内外で30年以上前から続いている研究に基づく考え方です。

その名も、「多重知能理論」または「MI理論」といいます。

子どもを知るために使う「考え方」

「理論」というと、そっとタブを閉じられてしまいそうな気がしているんですが、もうこれ以上出てこないので、もう少しお付き合いください。

「理論」は、今後「考え方」という言葉で置き換えます。

ここから先の話は、アメリカのハワード・ガードナー博士が1983年に発表した「考え方」をベースにして書いています。

この考え方によると、人にはそれぞれの「強みや特徴」があり、ものごとを理解したり考えたりする認知機能はその強みや特徴によって左右されるとしています。

この「強みや特徴」は、私が言っている「特性」にも含まれているものです。

特性とは

無意識に発揮される頭・心・体のクセ
・本人も親も気づかないことがある
・ポジティブもネガティブもない

ガードナー博士の考え方では、その特徴を「8つの知能」として定義しています。この8つは、抜け・漏れ・ダブりがないように慎重に分類されています。

「知能」というと、IQテストで測られる知能指数のようなものを連想するかもしれません。

でも、ガードナー博士が定義している「知能」はもっと広い範囲をカバーしています。言い換えると、IQテストが測っているのはたくさんある知能のなかでも狭い領域だけということです。また、必ずしも数値化して測れるものではありません。

ガードナー博士の考え方によると、人の知能は一種類のテストで測れるほど単純ではないし、人には複数の知能を持っています。

その強弱(濃淡)や組み合わせは人それぞれです。たとえ一卵性双生児であっても、二人として同質な知能プロフィールを持つことはないといいます。

この「8つの知能」の考え方は、人が世界をどのように認知しているか、その傾向を知るためのツールです。

認知、というとまた難しく聞こえるかもしれません。

認知とは、「とらえる」「理解する」「感じる」とも言いかえられます。8つの知能は、人がの認知のクセを読み取るためのツールだといえます。

子どもをより深く理解するためには、8つの知能はとても便利です。なぜなら、子どもにとっては毎日の生活が強烈な認知体験の連続だからです。

子どもの何気ない生活は、認知のクセを見つけるチャンスの宝庫です。

そして子どもの認知(=あらゆる出来事に対する反応や捉え方)の傾向と対策を知ることは、子どもの「特性」の大部分を掴む手がかりになるんです。

8つの知能とは

あらゆる出来事に対する反応や捉え方の分類

子どもの「8つの知能」がわかるチェックリスト

「8つの知能」がそれぞれなにかを知る前に、さきにチェックリストを見てみてください。

教育現場という文脈における「8つの知能」の研究の第一人者であるトーマス・アームストロング博士の本(Multiple Intelligences in the Classroom)を参考に、A~Hまで8つのチェックリストを用意しました。

厳格なものではなく、こういうポイントで見分けるんだ〜とざっくりご覧ください。

こちらのリストは子ども向けのものです。特定の子を思い浮かべて、A~Hそれぞれのリストでいくつの項目に該当するか、カウントしてみてもいいでしょう。

【A】のリスト
  • 年齢平均よりも作文が得意
  • おはなしや冗談、その他の口頭でのコミュニケーションを楽しむ
  • 雑学知識をよく覚えている
  • 言葉を使うゲームを楽しむ(例:かるたやマジカルバナナ)
  • 読書や読み聞かせを楽しむ
  • ラジオや解説、オーディオブックを楽しむ
  • 文字を正確に読み書きする(低年齢で「は」や「へ」を正しく読み・書きわける;小学生以上は漢字を正確に使えるなど)
  • だじゃれや言葉遊びを楽しむ
  • 年齢相応かそれ以上の語彙がある
  • 言葉に頼るコミュニケーションに長けている
【B】のリスト
  • 物事の仕組みについてよく質問する
  • 数で遊ぶのが好き
  • 算数が好き(未就学児の場合は、数えたり並べたり分類したりする作業が好き)
  • 算数やロジックを使う遊びが好き(シンクシンクとか)
  • チェスや囲碁、オセロなどの戦略が伴うゲームが好き
  • 論理的なパズルや頭脳ゲームが好き(アルゴとか)
  • 物事をカテゴリーやパターンやレベルなどに分類するのが好き
  • 理科の授業や実験が好き
  • 理系のトピックスに興味を示す
  • プログラミングやコーディングに興味や適性がある
【C】のリスト
  • 視覚的な情報を使って物事を説明する
  • テキストよりも、絵や写真などのビジュアルを見るのが好き
  • 空想が好き
  • アート、創作、工作などの芸術活動を楽しむ
  • 絵を描くのが得意か楽しんでいる
  • 映画や動画、その他ビジュアルコンテンツを楽しむ
  • 迷路などの視覚的なパズル遊びを楽しむ
  • 積み木やレゴなどで立体的な作品をつくるのが得意か楽しんでいる
  • 文字よりも絵や図から情報を得る
  • 教科書やワークブックやプリントに落書きをしがち
【D】のリスト
  • スポーツや身体活動に秀でている
  • 座っていても頻繁に動いたり、手足を動かしている
  • 他人の動作を真似るのが得意
  • 分解や組み立てが得意
  • 初めて見るものをすぐに手に取りたがる
  • 走ったり、跳んだり、組み合ったり、身体活動が好き
  • 手芸、木工、機械いじりなどの手先の細かい運動ができる
  • オーバーリアクションを取りたがる
  • 第六感のような、意思決定につながる感覚を持っている
  • 粘土や指えのぐなど、触覚を刺激する体験を楽しむ
【E】のリスト
  • 調子のずれた音楽を聞き分けられる
  • 曲のメロディを覚えている
  • 歌がうまい
  • 楽器演奏や歌唱を楽しむ
  • 環境の音に敏感
  • 無意識のうちに鼻歌を歌っている
  • 作業中に机をリズミカルに叩くなどする
  • 音楽に合わせて踊る
  • 音楽に感情的に反応する
  • 習った歌を他の場所でも歌う
【F】のリスト
  • 他の子との交流を楽しむ
  • 自然とリーダーになっている
  • 悩んでいる子に親身になる
  • 世渡り上手
  • クラブや委員会、チームなどのグループ活動をしている
  • 他の子に新しいことを教えるのが好き
  • 他の子と遊ぶのが好き
  • 親しい友だちが2名以上いる
  • 他人への共感や関心が高い
  • 周りからの期待が厚い
【G】のリスト
  • 自立心や強い意思がある
  • 自分の能力や弱点を把握している
  • 一人で遊んだり勉強したりできる
  • 独自の生活や学習スタイルを確立している
  • 自ら語らない趣味や関心がある
  • 自己管理能力に長けている
  • 共同作業よりも一人作業を好む
  • 自分の気持ちを正確に表現できる
  • 失敗や成功から学ぶことができる
  • イヤなことがあっても自己回復を見せる
【H】のリスト
  • 好きな動物や野外スポットについてよく話す
  • 動物園や自然史博物館など、自然を鑑賞したり学んだりできる場所を楽しむ
  • 山、雲、動植物などの自然の造形によく気がつく
  • 植物の手入れが好き
  • 水族館や植物園、ふれあい動物園などで生き物や自然に囲まれるのが好き
  • 自然、生態系、植物や動物について学ぶのが好き
  • 動物愛護や環境保護に関心がある
  • 昆虫採集、標本づくり、バードウォッチング、樹木の研究、動物の飼育などの活動を楽しむ
  • 虫、花、葉など自然のものを見せたがる
  • 屋内よりも屋外で学びたがる

チェックリストの意味

このチェックリストは、正確さを求めるというよりも各知能の相対的な強弱をゆるく知ることが目的です。

それでは、8つの知能をなるべく簡単に説明します。

もっと詳しく知りたくなったら、この記事の最後に参考文献やサイトのリンクをご参照ください。

考え事は言葉に頼りがち。

読み書きや会話、言葉遊びが好き。

本、オーディオ、筆記用具、紙、ノート、日記、対話、ディスカッション、ディベート、読み聞かせなどで活性化する。

喋っちゃいけないときにおしゃべりをして怒られがち。

考え事は論理や測量や数値に頼りがち。

実験、探求、論理的なパズル、計算が好き。

理科や実験材料、算数教材、科学館に行くこと、測量道具、電卓、コーディング・プログラミング教材などで活性化する。

考え事は絵や図表に頼りがち。

デザインや絵を描いたり、視覚化したり、落書きが好き。

画材、レゴ、映像、動画、カメラ、スライド、迷路、パズル、絵本、美術館に行くことなどで活性化する。

落書きや空想をして怒られがち。

考え事は体の感覚や動作に頼りがち。

踊ったり、走ったり、跳んだり、作ったり、触ったり、ボディランゲージが好き。

ロールプレイ、演劇、ダンス、プラモデル、レゴ、スポーツ、レクリエーション遊び、触覚体験、実践学習などで活性化する。

落ち着きがなく、じっとできなくて怒られがち。

考え事はリズムや曲調に頼りがち。

歌ったり口笛を吹いたり、リズムを刻んだり音楽を聴いたり、鼻歌や楽器を演奏するのが好き。

音楽、楽器、コンサート、作曲活動などで活性化する。

考え事をするとき、他人とアイディアをぶつけ合いたがる。

グループやチームで行動したり、委員になったり、関係づくり、パーティ、仲介をするのが好き。

友人、グループ活動、コミュニティ活動、イベント、クラブ、メンター、師弟関係などで活性化する。

人付き合いにかまけて怒られがち。

考え事は個人的な欲求、感情や目標に即する。

目標設定、瞑想、空想、計画、反省するのが好き。

隠れ家(秘密基地)、一人の時間、日記、裁量や自由が多い活動などで活性化する。

考え事は自然や自然の形を通して考えがち。

ペットと遊んだり、動植物を飼育したり、自然を探求したり、地球に優しい過ごし方が好き。

自然や動植物との充分なふれあい、自然を探求するための道具(虫眼鏡や双眼鏡など)で活性化する。

※「博物的知能」とも呼ばれますが、イメージしづらいのでここではその表現を使っていません。

観察するときのポイント

子どもをずっと観察し続けるのは難しいですし、非効率的ですし、なにより不自然です。

でも「特性を見つけよう」という以前の記事でもご紹介したとおり、子どものクセはこういうときに表れます。

子どもの「特性」を観察してみよう
  • 「こんな簡単なことをどうしてみんなはできないの?」と子どもが感じていることは?
  • 子どもが時間を忘れて集中しているときにしていることは?
  • 努力をしているという自覚なく子どもがしていることは?
  • 他の人に言われなくても自分から進んですることは?
  • 子どもが苦手な・嫌いな・避けようとすることは?
  • 親から見て子どもが上手にできると思うことは?
  • 他の人が子どもを表すときによく使う形容詞は?

注意すること

私たちは誰しもがこれらの知能を持っています。その強弱(濃淡)や組み合わせは人それぞれです。

“弱い”、”足りていない”と思われるところが目についても焦る必要はまったくありません。

極端な例ですが、「神童」としてとりあげられるような子はどれかの知能が突出していていることが予想されます。でも通常、メディアでは「突出していない」知能について触れることはありません。

また、知能がどれか突出していても、必ずしもそれが望ましい方向に発揮されるとも限りません。

世間一般で◯◯能力に注目が集まると、もとから持っている子はそれが発現してリードしていきます。

もともと苦手な子は、後から追いかけても差が開くような仕組みです。違う土俵で戦えばリードできていたかもしれないのに、わざわざ負けに行くようなものです。

もっと悪いのは、せっかく持っている知能が気づかれずにほったらかされることです。

目の前の子どもが持っている知能を見落とさないことが大事です。

すでにできていること、すでに発揮している知能は、なぜかいつも見落とされがちなんです。

すでに当たり前にできていることは、当人や身近なひとにとってはできて当たり前のことだと思われます。でも実はそうではありません。

観察の状況によって、子どもは異なる側面を見せることもあります。

観察しているのが先生か、親か、別の人か。
観察している場所が家なのか、学校なのか、習い事なのか、親戚の家なのか。
観察しているのが朝なのか夕方なのか、食事前なのか後なのか。

なるべくたくさんのサンプルを集めたほうが、誤差が少なくなります。

私の場合

上記のチェックリストは子ども仕様ですが、試しに私個人の該当項目を数えてみました。

自己評価と他己評価ではおそらく変わるでしょうが、このような結果になりました。カッコ内の数字が該当した項目の数です。

私の「8つの知能」の組み合わせ(推定)

内省や自己管理(10)>対人関係(9)>ことば(7)

音楽やリズム(5)>論理や数学(4)

視覚の活用や空間(3)=身体の活用や運動(3)=ものごとの違いや共通点を探す(3)

自分としては上位3つには納得ですが、もともと2つ目の対人関係には苦手意識があり、それを克服するために訓練した結果、できるようになった気もしています。

一方、たとえば空間認識と身体コーディネーションが低いのは納得です。たとえば車の運転は不得手です。

私はそもそも左右盲(左右がとっさにわからない)なのも、視覚や空間認識にあまり頼らないことと関係しているのかもしれません。

私のような人間には、運転よりも助手席を任せたほうが知能を活かしたいい仕事をします(笑)

人よりも道や地図(記号や文字)から多くの情報を得ますし、おしゃべり(対人とことば)は延々とできます。

実際に私がどの項目に該当したか興味がある方はこの下のトグルを開くと見れます。

【A】のリスト
  • 年齢平均よりも作文が得意
  • おはなしや冗談、その他の口頭でのコミュニケーションを楽しむ
  • 読書や読み聞かせを楽しむ
  • 文字を正確に読み書きする(低年齢で「は」や「へ」を正しく読み・書きわける;小学生以上は漢字を正確に使えるなど)
  • だじゃれや言葉遊びを楽しむ
  • 年齢相応かそれ以上の語彙がある
  • 言葉に頼るコミュニケーションに長けている
【B】のリスト
  • 算数やロジックを使う遊びが好き(シンクシンクとか)
  • 論理的なパズルや頭脳ゲームが好き(アルゴとか)
  • 物事をカテゴリーやパターンやレベルなどに分類するのが好き
  • 理系のトピックスに興味を示す
【C】のリスト
  • 視覚的な情報を使って物事を説明する
  • 空想が好き
  • アート、創作、工作などの芸術活動を楽しむ
【D】のリスト
  • 分解や組み立てが得意
  • 手芸、木工、機械いじりなどの手先の細かい運動ができる
  • 粘土や指えのぐなど、触覚を刺激する体験を楽しむ
【E】のリスト
  • 楽器演奏や歌唱を楽しむ
  • 環境の音に敏感
  • 音楽に合わせて踊る
  • 音楽に感情的に反応する
  • 習った歌を他の場所でも歌う
【F】のリスト
  • 他の子との交流を楽しむ
  • 自然とリーダーになっている
  • 悩んでいる子に親身になる
  • クラブや委員会、チームなどのグループ活動をしている
  • 他の子に新しいことを教えるのが好き
  • 他の子と遊ぶのが好き
  • 親しい友だちが2名以上いる
  • 他人への共感や関心が高い
  • 周りからの期待が厚い
【G】のリスト
  • 自立心や強い意思がある
  • 自分の能力や弱点を把握している
  • 一人で遊んだり勉強したりできる
  • 独自の生活や学習スタイルを確立している
  • 自ら語らない趣味や関心がある
  • 自己管理能力に長けている
  • 共同作業よりも一人作業を好む
  • 自分の気持ちを正確に表現できる
  • 失敗や成功から学ぶことができる
  • イヤなことがあっても自己回復を見せる
【H】のリスト
  • 動物園や自然史博物館など、自然を鑑賞したり学んだりできる場所を楽しむ
  • 山、雲、動植物などの自然の造形によく気がつく
  • 虫、花、葉など自然のものを見せたがる

私が持っている8つ知能には濃淡があることを感じていただけるかと思います。

そしてその濃淡や組み合わせは、きっとこれを読んでいるあなたとも、お子さまとも異なるはずです。

8つの知能の限界

「8つの知能」は多くの研究者に注目され続けていると同時に、批判も多く受けています。まだ発展途上の仮説です。

また、「8つの知能」を教育現場や子育てに活かしてどんな効果があるかについても、研究が不十分とも言われています。

ただ、発表から30年以上たった今も注目され続けていることは確かです。

たくさんの研究によって煮詰められた「8つの知能」という考え方を活用することは、自分では気づけないものの見方をさせてくれます。

「8つの知能」の検証は専門家に任せつつ、私たち一般人としてはその考え方が見せてくれる景色を味わっても差し支えないのではないかと思います。

「8つの知能」の考え方が示しているのは、人は一人ひとり違う能力の組み合わせを持っていて、それら能力はひとつのものさしで測れるほど単純ではないということです。それ自体は否定できません。

目の前の子どもの成長は待ってくれません。仮説で充分なので、トライアンドエラーを回し続けましょう。

仮説でもいいので、子どもを理解するために利用できるものを利用し、試して、しっくりこないなら次に移るんです。

知能パレットの使い方

これは私独自の表現ですが、ヒトはそれぞれの知能の濃淡と組み合わせによってできた「知能パレット」を持っています。

パレットとは、絵を描くときに使う絵の具を出して色を混ぜたりするお皿のことです。

子どもが持っている「8つの知能」の強弱や組み合わせは、その子だけの知能パレットです。

この知能パレットを知ったつもりになって満足してしまうのはもったいないです。

すでにあるものは、使えば伸びます。もっと使って伸ばしましょう。子どもの自信や充足感にもつながります。

逆に足りないところはカバーやフォローの方法を一緒に考えて、授けましょう。これもまた自信につながります。

足りないところにフォーカスして伸ばす、という方針も選ばれがちですが、同じリソースを割くなら「すでにあるもの」を伸ばしていくほうがより効果的です。

ゆくゆくは、自分の知能(強み)を活かせる/自分の弱みをフォローできるようになるのが理想です。

さらに好きなものと組み合わせられたらエネルギーが持続しますね。

知能と活動の結び方

子どもの活動には学習や習い事や遊びや家事など、いろいろあります。

どれか一つの知能に特化した活動はないですし、どんな活動にも複数の知能を使っています。

同じ活動でも、異なる知能パレットを持った子どもは違うプロセスやアウトプットをするでしょう。

子どもの活動をその子の知能パレットと結びつけるときは、以下のようなポイントに気を配ります。

これは、新しいことを学んだり試したりするときに特に有効です。

ことばが得意【A】
  • どうやったら読み書きや、言葉のやりとりなどにつなげられる?
論理や数学が得意【B】
  • どうやったら数字、計算、ロジック、分類、クリティカル・シンキングなどにつなげられる?
視覚の活用や空間が得意【C】
  • どうやったら視覚資料、色、芸術などにつなげられる?
身体の活用や運動が得意【D】
  • どうやったら身体活動や手先の運動などにつなげられる?
音楽やリズムが得意【E】
  • どうやったら音楽やリズムなどにつなげられる?
  • どんな音がある/ない環境がいい?
対人関係が得意【F】
  • どうやったら複数人数で学び合ったり、共有したりできる?
内省や自己管理が得意【G】
  • どうやったら自分ごととしてとらえられる?
  • どうやったら選択の自由や裁量を与えられる?
ものごとの違いや共通点を探しあてるのが得意【H】
  • どうやったら生き物や自然現象、生態系などにつなげられる?

たとえば新しい料理を学ぶとき。

文字だけのレシピで十分なひともいれば、動画がないと作れないひと、感覚を頼りにつくるひと、人から教わりたいひと、とにかく見た目重視なひと、様々ですよね。

そこには、そのひとの知能パレットが表れているのでしょう。

まとめ

この記事では、子どもの特性を理解するひとつの考え方として「8つの知能」(MI理論)をご紹介しました。

8つの知能とは

あらゆる出来事に対する反応や捉え方の分類

ひとはそれぞれ、この8つの知能の組み合わせを持っているという考え方です。

子どもをより深く理解するためには、「8つの知能」はとても便利です。

あくまで「考え方」のひとつですので、絶対視する必要はありません。

賢く使って、子どもをより理解し、強みと自信を育てましょう。

なぜ子どもを理解すると強みと自信につながるか、はこの2つの記事でも触れています。

これらの記事をきっかけに、実りの多い子ども観察をしましょう。

実践してみてうまくいったこと、うまくいかなかったこと、ぜひTwitterお問い合わせよりお聞かせください。

参考文献

MI理論(多重知能理論)の参考図書

↓MI理論を最初に提唱したハワード・ガードナー博士の最新の書籍です。

紀伊國屋書店ウェブストアにも置いています。

↓こちらは同じ著者の和訳本としては、最新のものです。同じMI理論を扱っています。

↓ガードナー博士のMI理論に関するウェブサイト

↓ガードナー博士がアドバイスし、推薦した日本人研究者/芸術家有賀三夏さんの本。

↓英語OKな方には、こちらが大変参考になります。学齢期の子どもに特化したMI理論の実践版です。この記事を書くにあたって多いに参考にさせていただきました。

紀伊國屋書店にも置いています。

↓日能研サイト内の解説です。子どもの読書リストを知能ごとに分類してくれているのも興味深いです。

ABOUT this blog

このサイトでは、著者の実践と経験に基づいて厳選された教育・子育て情報を私見とともにご紹介しています。

参考 著者のプロフィールとブログのスタンス

おすすめ つぎに読みたい厳選おすすめ記事10選

注目 著者のインターナショナルスクール時代(1994-2001)の振り返りを中心に、最近のインターナショナルスクールについて調べたことや考えたことを書いています。

注目 著者のボーディングスクール時代(2001-2005)の振り返りを中心に、最近のボーディングスクールについて調べたことや考えたことを書いています。

注目 著者の現在進行形の子育て、家庭教育、英語教育など

案内 提供中のサービス一覧とSNS

おすすめ
子どもの好きなものをいくつ知っていますか?
子どもの特性を把握していますか?
おすすめ
子どもとの時間を楽しめない保護者へ
おすすめ
罪悪感から解放してくれるもの2つ
タイトルとURLをコピーしました