我が家のゆるいけど細かい教育方針

家庭教育
スポンサーリンク

以前、我が子をインターや私立に行かせない方針であることを書きました。

割と人気がある記事のようで嬉しいです!

その記事のなかで私はこう書きました。

ただ、公立に行きます、だけではつまらないのが私。
これからどうするのか。
これは、改めて記事にしていきたいと思います。

というわけで今回は、
現時点での我が家の教育方針について書きたいと思います。

あくまで「現時点」とするのは、
私自身、いろんな情報に触れるたびに考えが変わる可能性、
子どもも成長の過程で必要とする関わりが変わる可能性、
家庭内や政治経済情勢によって選択肢が変わる可能性、
などを常に想定しているからです。

この記事の続編を書きましたので、最新版を見たい人はこっちです

我が家のゆる〜いけど細かい教育方針

これはあくまで、2020年2月時点、年長の長男 、年少の次男のときのものです。
2020年9月、赤字の部分を修正しました。

ご案内

以下の記事は一部有料です。

このサイトでは、「古い情報」「オリジナル情報」「私的な情報」に鍵をかけるつもりで有料化することがあります。

1記事110円からです。販売にはcodoc(コードク)というウェブサービスを利用しています。

各種クレジットカード、Apple Pay, Google Payで電子決済が可能です。

アカウント作成は不要ですが、その際はメールに記事本文が届きます。無料のアカウントを作成すると、このサイト上でシームレスに記事を読めます。

私には購入者の個人情報は開示されませんので、匿名希望の方もご安心してご購入いただけます。

詳しくはcodocのFAQプライバシーポリシーをご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました