【2021/09/09 20:45更新】2021/09/09の7:00にお問い合わせメールをくださった女性の方へ。メールアドレスエラーによりお返事ができないでおります。お手数ですが、もう一度お問い合わせメールより連絡先をいただき、できれば@mamamayu.comのドメインの受信設定をお願いしますm(_ _)m

正解のない時代を生き抜け!我が家のゆるくて細かい家庭教育【新年長&新小2版】

ペアレンティング
スポンサーリンク

我が家のゆるいけど細かい教育方針」では、コロナ・ショック以前のマインドで新年中&新小1の子育てについて書きました。

私が国内のインター出身の変わった経歴であること、そして夫も帰国子女であること、こんなバイリンガル・ジャパニーズな両親の子育て方針に興味を持ってくださる方が多いのか、年間を通してよく読まれています。

その後、noteでは2020年12月に「中卒くらいまでの育児の目標」を書きました。

今回は、新学年に向けて心機一転。
上2つの記事を統合させて、さらに振り返りと抱負を書き残しておきたいと思います。

前提のおさらい

私の家族は、私と夫と息子2人の4人世帯です。

長男は公立小学校の新二年生。知識欲と向上心と独占欲が強い。(>>私立でもインターでもない理由

次男は認可保育園の新年長。愛嬌を自在に使いこなすムードメーカー。

実家はそれぞれの両親とも健在ですが、いずれも遠くの県外在住なので、基本的には核家族オペレーションです。

現在、私も夫も在宅勤務という形を取っているので、二人共フルタイム通勤体制だった頃と比べると、生活において人手や時間が足りないと感じることは圧倒的に減りました。

教育へのスタンスとして、私はおそらく「子ども中心主義教育派」で、モンテッソーリ・シュタイナー・デューイなどに共鳴しがち。

ところが夫の教育思想はどうやら私とは真逆。知識や学力のためには犠牲は仕方がないと考えているようなので、その犠牲を最小限にするためにあがきたい私とは、努力のベクトルが違ってよくモメます

夫も私も多少の犠牲を払って今の知識や学歴を獲たのも間違いないので、決して努力そのものを否定したいわけではない。

でも必ずモメるので、夫婦間では教育論がタブーになりつつあるこの頃です(汗)

家庭内コミュニケーションについては、別途いずれ取り上げたいと思います。

ちなみにあとでも書いていますが、「子育てに向かうスタンスは、夫婦や親戚間で一致していなくてもいい」というのが私の持論です。

なので不協和音は一旦無視して進めます(笑)

教育方針や子育ての目標は必要なのか

家庭単位でも個人単位でも、教育方針(もしくは目標)はあったほうがいいと思います。

なぜなら子どもや教育についての決断をしないといけないときの基準になるから。

でも決めたことにこだわる必要はないと思います。

子育てには不確定要素がたくさんあるからです。

  • 子育てと生活を送りながらいろんな刺激を受けて保護者の考えが変わる
  • 子どもが成長の過程で必要とする関わり方が変わる
  • 家庭や政治経済情勢、公衆衛生状況などで選択肢が変わる

などなど。

こだわったところで、外的・内的要因で変化や適応を迫られるのが当然です。

でも変化や適応を避けられないからこそ、軸となる考え方を普段から家庭内で共有しておくことが次の一歩を考えるための準備になります。

私の価値観

プロフィールとも一部重複しますが、私は普段は以下のように考えています。

子どもについて

  • 子どもには自発的に発育する力が備わっている
  • 子どもと何をするにも信頼関係が最優先
  • 子どもを他の子と比較しない
  • 少なくとも10歳くらいまでは、座学よりも体験を重視する

親について

  • 教育と子育ては親子ごとに違って、正解はない
  • 両親の教育方針やスタンスは必ずしも一致しなくてもいい
  • 完璧な親なんていない
  • 子どもの味方でいることが最優先

教育サービスについて

  • 高価なサービス=良い教育とは限らない
  • 好評なサービス=わが子にとって最良とは限らない
  • 完璧なサービスはないので、穴を埋めるのは家庭の役割

似たような家族構成や価値観を持っている方には、きっとこの先の内容も共感しやすいのではないでしょうか。

ちなみに、夫にはこの内容に理解を示されますが、言動を見ていると完全に同意しているとは思えません。まぁ「同意」にもグラデーションがありますからね。

子育てに向かうスタンスは夫婦や親戚間で一致していなくてもいいと思います。

むしろ一致している家庭のほうが少ないのではないでしょうか。意見の相違にどう向き合って対処するかも、子どもにとっての環境の一部だと考えています。

中卒までに目指す姿

ここから先も「我が家」というより「私」の考えが続きます。いわば「育児における当面の目標」です。

絶対に念押ししておきたいのは、これが叶うかどうかに限らず、子どもはすでに完全な存在で、私が子どもを愛していることには変わらないということ。

子どもの価値は絶対で、親の期待とは別物です。

中卒までの育児の目標

  • 人にも自分にも寛容である
  • 自分の夢や目標があり、調べたり計画を立てるなど動ける
  • 英語を読める(割愛しますが、目安レベルも決めています)
  • アウトドアやスポーツ、なんでもいいので体を動かすことに抵抗がない
  • 家事がひと通りでき、留守を任せられる

これらの多くは学校や習い事でも身につくことですが、家庭での確認と補完と軌道修正が必要です。

そこで、我が家版の「家庭教育」の出番です。

每日かならず実践していること

目標を書き連ねましたが、普段は全然目標を意識していません。

意識しているのは生活の習慣です。我が家では「子どもの4大おしごと」という名前で呼ばれています。

これは子どもが生まれてからほとんど変わっていません。

子どもの4大「おしごと」

  • ねる:每日20時半には布団入り
  • たべる:身体を作るために
  • あそぶ:大きい動き、小さい動き、頭の動き、いろいろ含んでいます
  • うんちおしっこ:排泄のこと。ゴミを出して、栄養を摂取。

子どもたちはこの4つの「おしごと」を何度も聞かされているので暗記しています。

自画自賛ですが、私はこのリストはよくできていると思います。

子どもの健全な成長に過不足なくつながっている。お金もかからない。ステイホームでもできる。

每日全部できてもおかしくない難易度なのに、意識しないと崩れてしまう。できない日も、当然あります。

このリストがあると、子どもを褒めるのは全然難しくありません。

「全部できて当たり前」ではなくて、ひとつでもできていれば花マルです。

しかも家族全員の協力がないとできないことです。全部できたら、家族全員に花マルっ💮

4大おしごとに比べると二の次ですが、そのほかに日常で実践していることもゆるく設定しています。

どれも、あえて「家庭教育」と名乗るほどのことでないことにもご注目ください。

自分でできることを自分でやる

日常生活のことでは、食器を下げたり洗濯物を洗濯機に入れたり、翌日の準備をしたり着替えをしたりです。

新年長児はこの1年でお尻を自分で拭けるようになり、いよいよ自立に向けたスタートラインに立てた気がします。

自分でできることは少しずつ増やして、家事にも進出してほしいです。

「お手伝い」ではなく「自分ごと」として考えられると嬉しいけど、いかんせん私も家事をなるべくしたくない人なので説得力ゼロなのが痛い。(>>子どもが家事をする意義

スクランブルエッグをつくる長男
資源ごみを運ぶ次男

「自分の身は自分で守る」という意識も根付かせておきたいです。

新小2に関しては、1人で出かけることも増えたので交通安全、防犯、防災、有事の対応なども少しずつ伝えています。

新年長児にも送り迎えがてら、交通安全のポイントを繰り返し教えています。

また、二人には自分がされて嫌なことをはっきり主張することも小さい頃からしつけています。

やることがなくてヒマなときも、親にかまってちゃんになるのではなくて「やることを自分で探す」こともここに含まれます。

工作系の動画をヒントに製作。自分で準備から片付けまでします。

自分でできることを自分で、というのは「エンパワーメント(empowerment)」や「オーナーシップ(ownership)」という大事な概念の育成にもつながります。

また「自分でやったことがある」ことは次の「話すネタ」にもなります。

話す

「話す」、つまり言語というパッケージのやり取りって大事だと思っています。

話す行為には相手が必要です。

話すだけで、知識や気付きを与えられることがあります。

話すだけで、考えに気づいたり、まとまったり、気持ちが変わったりする。

いろんな話し相手がいて、いろんな話ができる。つまり多くの人と信頼関係を築ける。

そんな環境を用意できたら、必然的に話す機会も増えて好循環です。

曾祖母ちゃんとあやとり
生後半年程の従姉妹にハグ

具体的にはこんなことをしています。

  • リビング本棚に児童本・図鑑・辞書を常備
  • タブレットで子ども向け動画
  • 図書館を多用
  • 公園で遊ぶ
  • 近所や学校の同年齢と遊ぶ

図鑑や辞書なんていうと、なんか受験っぽいですが、うちでは「知識」のためにやっているのではなく「話すネタ」のためにやっています。違いわかりますかね?(笑)

図書館の本や図鑑はリビングに
棒さえあればどこでも遊べる
タブレットは兄弟共用
オセロの特訓中

もともとがおしゃべりだからなのか、年齢なのかわかりませんが、うちの二人はすごく話します。

知らない人にも動物にも声をかけます。世間話も今のところ問題ないです。

他人との距離の詰め方が、大人の私よりも自然で上手です。

ヤギと談笑中?

人とのコミュニケーションの壁ができる前に、たくさん橋を持っておいてほしいと願います。

ハマる

なにかにハマる体験って実は贅沢なこと。

理性や自意識が育つにつれて、自分のことって後回しにしてしまうようになります。

確かに、そうせざるを得ないときもあります。いつか時間ができたらやろうって、自分に言い聞かせて。

そうしているうちにハマる感覚を忘れてしまう。第六感が鈍る。それってとても怖いことに思います。

自分にしかないアンテナの存在を自ら忘れてしまうなんて。

なので、子どもには忘れられないくらいハマる感覚を何度も体験してほしい。子供時代にやらないで、いつやるの?です。

工作にハマる
パズルにハマる

一度でもハマったことであれば、それは立派な「話すネタ」にもなります。

ゲームもアニメも年齢相応であれば時間制限なく解禁しています。

ハマっています

大事なのは「なに」にハマったかよりも、起きている時間のうちなにかにハマっていられた時間の割合。つまりなにかに没頭できているかどうか。

スクラッピングしたい
水たまりの深さを測りたい

親が提案してハマることもあれば、本人が勝手に見つけてくることもあります。

ハマることは、集中力の訓練でもあるし、自分の内側から出る欲求に耳を傾ける訓練でもあります。

でもあくまでも4大おしごと(ねる・たべる・あそぶ・うんちおしっこ)がクリアできているのが前提。それがこの家のルールです。

子どもがハマっているときの表情は輝いています。間違いなく私の生きがいの一つです。

外注していること

学校/保育園以外の時間での子どもへの関わりは、お金をかけない部分が9割くらいだと思います。

残りの1割は子どもの興味関心や特性や教養のために外注しています。

  • 空手(二人とも)
  • オンライン英語(現在は兄だけ)
  • テニス(現在は兄だけ)
  • 造形教室(不定期)
  • その他オンラインの単発講座(不定期)
  • 子ども新聞の購読
  • 英語の多読アプリ

優先順位としては家でやっている9割のほうが上なので、これはあくまでおまけです。

家で大事にしていることが明確だからこそ、子どもも習い事に専念できるのだと考えています。

ひらがな探し競争
飛行機図鑑を開いて航空会社の講座を観る長男と、算数アプリをする次男

習い事で受けた刺激は、日常の「自分でやる」「話す」「ハマる」ことにもつながっていると思います。

>>習い事を始める前に考えること

オンライン学習では安定したネット環境が不可欠です。

我が家で愛用しているのはSoftbank Airという工事不要で使い放題のWi-Fi。対象エリア内なら、コンセント電源だけで使えます。

おすすめポイント
  • 工事不要
  • コンセント電源のみ
  • インターネット使い放題

頻度は低いけど大事にしていること

ベースはこれまで書いてきたとおりですが、たまに変化球もいれて経験の幅を広げることを狙っています。子どものアンテナがなににひっかかるか、たまに試すような感覚です。

小さいうちにいろんな体験をつまみ食いさせておくだけで、将来似た体験をしたときにより吸収しやすいのではないかと考えています。(予防接種の逆みたいな感じですね)

  • 生の音楽を聞く
  • 生でスポーツ観戦
  • お祭りなど文化行事
  • 美術館や博物館などの社会教育施設見学
国立新美術館で催された佐藤可士和展にて
  • 山村留学(という名の田舎への帰省)
  • 多様な景色や地理を見せる
  • 多様な生き物や植物に触れる
豪雪地帯へ
火遊び
秋探し
ヤギに餌やり
  • 短期集中教室(スキーや水泳)
  • 同年代の宿泊型キャンプに参加
  • 環境保全活動
  • 福祉活動
  • 海外経験
  • お金を「つかう」「ためる」「ふやす」→新規
  • 身体の取り扱いを知る→新規

義務感なくやりたいので、基本的に私がやりたいこと、子どもの反応を見たいものしか選びません。

最初から嫌がるとわかっていることは、どんなに”良い”とされるものでも選びません。

どれにおいても結局は「自分でやる」「話す」「ハマる」のいずれかにつながることです。

2020年度はどれくらいできたか

イレギュラーな1年でしたが、できる範囲でやりました。(>>コロナ禍の小学校1年目を振り返る

お金がかからない「4大おしごと」「自分でやる」「話す」「ハマる」、これらはステイホーム期間中でも実施できることでした。

遊んだら・食べたら後片付け、創作活動や外遊び。あえて「家庭教育」なんてカッコつけるほどもないものばかりです。

家庭菜園やカブトムシの飼育など、ステイホームだったからできたこともありました。

ステイホームが終わってからは、習い事が再開しました。

小学生は机に向かう習慣がついてきたからか、長男は家でも英語をやり始めました。

>>我が家の英語教育の考え方

田舎帰省や美術館、動植物との触れ合いや釣りキャンプは叶いましたが、生の音楽やスポーツ、お祭りや海外体験は復活できていません。ここはまだバーチャルでつないで、工夫していきたいところです。

環境や福祉面の活動はそもそも本格的にやっていませんでしたが、不定期にトングとビニール袋を持って近所のゴミ拾いや里山活動に参加したり、新聞で国内外の不公平な事例を知ったり、多様性に関する本を読んだり、私が視聴したロヒンギャ難民問題の勉強会を横で聞いたりしていました。(並べるといかにもやっているように見えちゃいますね)

あとは金銭教育。重い腰をあげて子どもたちの証券口座をつくりました。それぞれの名義でお年玉の一部を毎月分散させてインデックス投信を買う設定にしています。まだ少額なので「ふやす」というより「原理を体感させる」意味のほうが強いです。

2021年度の展望

2020年の状態が継続するのと思います。

オリンピック・パラリンピックは払い戻しをしていないので、もしかすると観戦が叶う…か?

子どもたちも大きくなってきたので、私もセーリングや山登りを再開したいところです。車の運転が恐ろしくできないので、そこも工夫の余地がありそうですが(汗)

そしてこれは思いつきですが、手話などの非言語的コミュニケーションにも注目しています。これはインクルージョンとしても大事ですが、感染防止にも役立つ手段だと思ったからです。これはまだ検討中。

あとは新小2の”お勉強”ですね。私は教えるのが苦手なので、あまりその立場に置かれたくない。息子もプライドが高く、私にはあまり聞きたがらない。行き詰まったらどうすればいいのか、そうなる前に一緒に考えておこうと思います。今思いつくとしたら、先生に聞く・解説動画を探す・本をもたせる、くらいかな(汗)

どうせなら楽しい勉強がいい

やることを選ぶことは、「やらないこと」を選ぶことでもあります。機会損失の考え方です。

どんなに”いい”選択肢をとったつもりでも、答え合わせはできません。

何事もやりすぎはよくないです。腹八分。引き算方式。これがいいと思います。

これからどんどん手が離れていくはずの子どもたち。

「少年は手を離せ目を離すな」に従い、子どもがすでに持っている力を信じて、どしっと構えて突き進みたいと思います。

目が離せない!!
ABOUT this blog

このサイトでは、著者の実践と経験に基づいて厳選された教育・子育て情報を私見とともにご紹介しています。

参考 著者のプロフィールとブログのスタンス

おすすめ つぎに読みたい厳選おすすめ記事10選

注目 著者のインターナショナルスクール時代(1994-2001)の振り返りを中心に、最近のインターナショナルスクールについて調べたことや考えたことを書いています。

注目 著者のボーディングスクール時代(2001-2005)の振り返りを中心に、最近のボーディングスクールについて調べたことや考えたことを書いています。

注目 著者の現在進行形の子育て、家庭教育、英語教育など

案内 提供中のサービス一覧とSNS

正解のない時代を生き抜け!我が家のゆるくて細かい家庭教育【新年長&新小2版】
教育や子育てで迷子になりそうな保護者へのアドバイス
【無料あり】小学生英語の環境づくり|アプリ・教材・教室他
我が家の早期英語教育の考え方【3歳&5歳時点の発音動画も公開中】
算数でつまずくってどういうこと?ーー『理系が得意な子の育て方』を読んで
タイトルとURLをコピーしました