元在校生が語る:インターナショナルスクールにありがちな6大後悔

インターナショナルスクール
スポンサーリンク

読者さんがどのようなことで困っているのか知りたくて、どんな「後悔」がインターナショナルスクールにあるのか調べてみたら、いろんな項目が出てきました。

この記事ではインターナショナルスクールにありがちな後悔について、元インター生である私の言葉で解説します。

この記事を読むことで少しでもインターへの誤解を減らし、冷静に子どものためになる選択をしてください。

近年、インターナショナルスクールの開設が増えています。
教育を流行りで選ぶような風潮に、私は危機感を覚えています。

この記事では決して、インターを称賛したり批判したりしません。
あくまで子どもと家庭にとってのベストを模索したいのです。

“ありがち”なインター失敗談・後悔談

ざっとネットで見たところ、インターにまつわる失敗や後悔は、この6つに集約されているようです。

インターナショナルスクールにありがちな6大”後悔

  1. 学校に馴染めなかった/挫折した/子どもが英語を嫌いになった
  2. お金がかかる
  3. インターなのに日本人ばかり
  4. 英語以外の学問的なメリットがなかった
  5. 日本の学校の受験資格を与えられなかった/進学先の選択肢が減った
  6. 日本語も英語も中途半端になった

1は、インターに限ったことではなく、どの学校でもどの子どもでもあり得ます。

2〜5は、「思ってたんと違う」というやつですね。
入学前の調査と想像力で、ある程度防げます。
この問題も、どの学校でもあり得ます。

6については、学校以外の要因もあり得ます。

ではそれぞれについて深堀りしてみます。

学校に馴染めなかった/挫折した/子どもが英語を嫌いになった

英語や学校を嫌いになるのは、
子どもが合わないなにかと戦っているときの反応が、
そういう形に出ていることが考えられます。

学校が合わない。
先生が合わない。
生徒が合わない。
通学路が合わない。
言語(方言)が合わない。

インターに限らず、どんな学校でもありえると思いませんか?

この状態の場合、よ〜く子どもを観察してみてください。

合わないなら、合う時間だけ、合う教室だけ、通ってみてもいいし。
学校を変えてみてもいいし。
学校に行かないで勉強する選択肢もあります。
時間をおいて、もう一度挑戦してもいい。

子どもって素直で純粋です。
上手く行かなくて一番傷つくのは、子ども自身です。

周りの大人は子どものサインを拾いながら、必要なフォローをしてあげてください。

これは6つの中で一番重要な”後悔”です。
ほかのどれを置いても、これは”後悔”になるまで放置してはいけません。

お金がかかる

こちらの記事でも書きましたが、インターや私立は額面以上の金額がかかります。

学費以外にかかるのがお付き合い費用、通学費、長期休暇の活動費など。
そして学費も毎年値上がりする可能性があります。

また、今の収入がどの程度維持できるのか、誰にも保証はできません。
インターや私学に通うときは、「収入が〇〇以下に落ちたら辞める」くらいの覚悟があったほうがいいですね。

実際にかかる金額は、事前に調べた学費の1.5~2倍くらい見ておいて良いと思います。

決して無理をしないでください。後悔のもとです。

インターなのに日本人ばかり

気になるなら入学前に調べましょう。

一口にインターといっても、いろいろ種類があります。

日本国籍をほとんど入れない学校もあれば、
生き残り戦略として来る者拒まない学校もあります。

HPに数字を載せているところは少ないでしょう。
写真には学校のバイアスがかかるので、あまり参考になりません。

入学する前に本当のところを知るには、
何度か学校訪問したり、
担当者に質問したり、
通学路をそっと観察したり(!)、
在学生や直近の卒業生に聞いたりするしかありません。

ただ気をつけたいのは、現時点や直近での状況がわかったとしても、それが入学してから卒業するまでの間どうなっているかとは全く関係がないことです。

ずっと女子校だった学校が、共学になることもありますよね?
それと同じです。

また、何を求めてインターにいれるかにもよりますが、日本人が少なくても日本語はまかり通っていることが考えられますので、ご注意あそばせ。

英語以外の学問的なメリットがなかった

これも、気になる可能性が少しでもあるなら入学前に調べましょう。

まず、教育で大事にしたい点はなんなのか。

学校はそれを満たしてくれるのか。

来年も、その次も、在学中満たしてくれるのか。

昔の話ですが、私がインター在学中にどんな勉強をしていたかはこちらの記事で詳しく触れています。

私が通っていたインターは日本では”各種学校”扱いでして、つまり日本の文科省のカリキュラムに沿っていませんでした。

わかりやすいところでいうと、体育には鉄棒・跳び箱・マット運動がないし、掃除の時間もないし、身体測定・健康診断もないです。

その代わり、私のインターはアメリカのカリキュラムに沿っていました。
宿題でわからないところがあっても、親は全く頼りになりません(笑)

あの頃学べて良かったのは、PCスキルと宗教(異文化を知るという意味で)です。

英語もできるようになりましたが、他に学んでいないこととの引き換えでもあります。

私は漢字ができないし、社会も日本史もやっていません。

それでもなぜか東京大学と大阪大学に両方受かりましたし、日本でアルバイトも就職もできましたけどね。

学校で学ぶこと・学ばないことが、必ずしも社会でのサバイバル力につながるわけではない。

それでもこだわりがあるのであれば、各インターはなんらかのカリキュラムを使っているのでその資料を取り寄せ、希望の教育内容に合致しているか確認しましょう。

日本の学校の受験資格を与えられなかった/進学先の選択肢が減った

この記事では、インターや海外校から日本の学校に編入学できるかどうかをまとめています。(あくまで最新情報を確認するようにしてください)

私も小学校はほとんどインターでした。
漢字は独学、社会や国語はやっていないし、理科と算数は英語の問題しか解けない小6生でした。

日本の中学受験に通用するような学力(日本的な意味の)はありませんでした。

その代わり、世界への進学のきっぷを手にしていました。

世界を見渡すと、日本語を使う学校よりも英語を使う学校のほうが多いです。

むしろ選択肢増えていませんか?

日本の学校に最初からいれるつもりだったら、インターにいれている場合じゃないです。

逆に、インターにいれると少し減ったかもしれない選択肢の代わりに、選択肢が増えています。

ところで私が帰国して東大に入ったあと母に聞いたら、インターに入れた頃から「最低でも上智は射程圏内」だったそうで。

母は、インターの高校を卒業しても大学に入れると知っていたんです。
つまり母は私が小学生の頃から、先々の選択肢を残しておけるように考えておいてくれたんです。

口では「アイビーリーグ」とか言ってましたけどね。

もちろん、時代が変わると事情も変わります。
それも含めて、数歩先を考えながら目の前の選択をする。

親は入学前から、あらゆる可能性を想定しておきましょう。

日本語も英語も中途半端になった

この後悔には、一理あります。

私もこの記事で触れていますが、在学中はみんな英語と日本語が混ざっていました。

それはもう世間に聞かせられない恥ずかしい言語でしたが、コミュニティ内では普通に話すほうが逆に恥ずかしい。土地の方言を話さずに標準語で話すみたいなものです。

この話し方だけを聞くと、英語と日本語が中途半端と捉えられてもおかしくないです。

でもね、
やれば英語だけでも話せるし、日本語だけでも話せます。
ちゃんとみんな成人して社会生活を送っていっています。

英語も日本語も中途半端になる心配。。。
これを見る度に、言語学者でも育てたいのかなと思います。

どちらも完璧にできてほしいのであれば、正直、本当にインターでいいのかはしっかり見極めてください。

私の経験上、インター生で
成績がいい=英語が得意、とは限らないです。
発音がいい=英語が得意、とも限らなかったです。

英語も日本語も完璧な人って、私からしたら誰もいないです。

多くの人からみると私はバイリンガルだそうですが、自分からしたら全く自慢できるレベルではありません。

日本語も英語もできるようになればなるほど、それまで見えていなかったできていないところが見えてくるからです。

完璧を目指している限り、終わりはありません。
優先順位をはっきりさせて、取捨選択。
不完全を受け入れることも必要です。

子どもの自尊心のためにも。

インターで後悔しないために

インターのメリットについては、こちらの記事で書きました。

私のブログにたどり着く方の多くが、「インターナショナルスクール 後悔」で検索しているようです。

こういうワードで検索するということは、私の想像の範囲ですが、このような方が多いのでしょうか。

  • これから子どもを行かせるかどうか迷っている
  • 知り合いが行くことになったけど抵抗がある(心配半分、妬み半分?)
  • インターに行っていない・子どもを行かせていないことの正当化(選択に自信がない)

もちろん、上記は的外れかもしれませんが、このような背景をいろいろ考えるのが好きな私です。

インターに対する後悔は、求めていたことが得られなかったから生じるのでしょうか。

想定と違う、というのは人生よくあることです。

入学する前に「想定と実際のズレ」を小さくしておくことが、後悔を防ぐカギになります。

そのためには、まずインターに何を求めているのか、はっきりさせましょう。

例えば、

  • 語学力や発音の習得
  • 外国人や異文化との触れ合い
  • 個性を尊重する教育

などを、インターに求めているのでしょうか。

私は、それだけの理由でインターを選ぶのは正直甘いと考えています。

語学力と発音でしたら、おうち英語や英語塾、オンラインでやりようはいくらでもあります。

外国人や異文化との触れ合いも、ホームステイの受け入れや海外協力ボランティア、海外旅行などで補えます。

個性の尊重については学校にかなり寄りますし、インターにしかないわけではないです。
究極的には先生に寄ると思うので、インター内でも当たり外れはありますし、他の学校でも得られる可能性はあります。

学校を選ぶ軸。
学校に何を求めますか?

インターであっても、そうじゃなくても。

いかに子どものやる気が引き出されて。
家庭の教育・経済方針とあっていて。
それが持続可能な学校なのか。

子どものためにも、親のためにも、しっかり見極めてほしいと思います。

何度でもいいますが、家庭によって答えは違うし、子どもによっても答えは違う。

つまり、兄弟でも答えが違うことがあります。

私はインターから海外に進学しました。
弟はインターから私立中高へ。
妹はインターから公立中高へ。

ある程度の年齢になると、子どもは自分で判断していきます。
その力がつくような家庭と学校環境に置かれることを願います。

これから検討する方は、このようなオンライン月額制のインターナショナルスクールの無料体験から学習内容を確かめてみるのもいいかもしれません。3歳から12歳までが対象です。

どうしても判断が難しいときは、私の教育・子育てのメールカウンセリングもお気軽にご利用ください。返信は2回までとさせていただいていますが、当面は無料の予定です。

最後に。
いろんな”後悔”をまとめていて思ったことがあります。

子どもがインターに行くことで親がする後悔はあっても、子がする後悔はないのではないか。

特に、若い時期の子にとっては、与えられるものがすべてです。

少なくとも私はインターに行っていたことで、辛い思いもしましたが後悔は全くしていません。
そもそも辛くない成長はありません。
(辛い思いの詳細はプロフィール参照)

両親の口からも、後悔の言葉を聞いたことはありません。
そりゃ思っていることはあるかもしれませんが、特に確かめる必要も感じません。

では私は子どもにどうするかというと、この記事に書いています。

正解は一つではありません。

迷ったときは、相談できる人を探してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました